« 登録有形文化財 兒山家住宅 | Main | 塀ができました »

家をまもってくれた生垣

Kaki3

生垣をへいにすることにした。家の周りの生垣はもちろん私の生まれた頃からある、昭和のはじめに作られた家と同じ時期にできたのだとおもう。とても丈夫でここ何年かは真夏に水まきをしなくてもとても元気だった。石垣の上にたって緑いっぱいの垣は大好きだったが、いつも手入れをしてくれていた父が「もうできない」といったのでとうとうへいにかわることになった。あんたが垣の掃除をすればいいのよ、とみんなに言われて考えたけれど、やっぱり無理、父の言うように塀にすることにした。まわりの家をみまわしてみると小さな生垣を残してほとんどの家が生垣をかえていた。
長くみている緑なのでとくべつのおもいだった、となりの家が大きな桜の木を切ってしまったときもいろいろかんがえたんだろうな、とおもいだした。工事がはじまって、生垣を取り除くのはそれは大変でした。ずっとみていたけれど、根はしっかりはって、木は枝がからみあって、これが家をまもってくれていたのだと感謝。
Kaki1
ピアノをひいている部屋から見える生垣、ほんとうにみどりは美しい風景です。
せみも蚊も蛾もいろいろな虫がいたので植木がなくなった次の日も植木をさがしてとんでいました。植木の中に蜂もたくさんいましたよ。みんなのすみかだったのだとあらためて感心。

|

« 登録有形文化財 兒山家住宅 | Main | 塀ができました »

Comments

Interesting I had never read something like this, this is what I like about these blogs and this culture, because you always have interesting things to tell us.

Posted by: Buy Viagra | November 24, 2010 at 10:57 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48929/11244627

Listed below are links to weblogs that reference 家をまもってくれた生垣:

« 登録有形文化財 兒山家住宅 | Main | 塀ができました »